カテゴリー

リンク

メタ情報

更正請求と還付加算金

更正の決定後、税務署から減額更正を受ける場合に、多く支払い済みの税額分はどのように返してもらえるか調べてみます。

税金の納付が終了している場合は、多く支払い済みの税金は還付加算金(納税猶予の請求日より3ヶ月経過した日か更正処分の日より1ヶ月経過した日のいずれか早い日、嘆願の場合は更正処分の日より1ヶ月経過した日を起算日として支払決定日までの期間に応じて7.3%の割合で計算した利息相当額)とともに指定した金融機関の口座に全額振り込まれるそうです。
又、延納を選択している場合には、過大な利子税分が還付されるなど、残っている金額に応じて分納税額や利子税の金額が変更されることとなります。
これは、源泉所得税も同じです。