カテゴリー

リンク

メタ情報

輸入消費税の更正手続き

2010年も明けましたね。
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
お正月はどのように過ごされましたか?
各地で大雪となり、除雪ばかりしていたお正月だったという方も多いのではないでしょうか?
今年は、雪が多いですよね。
また、今週には寒波がやってきているみたいなので、気をつけてくださいね。

今回は、輸入消費税の更正の請求手続きが出来なかった場合の処理についてお話しをしたいと思います。

USから輸入をしました。
その際に課税価格がUS$と日本¥の記載違いにより輸入消費税が課税されたのですが、その課税がとても高くなってしまいました。
そして、更正の請求の手続きを取ろうとしましたがその更生の請求手続きの必要書類が整わず・・・税関に却下されてしまいました。
この事を通関業者に相談したんですが、更正の請求が出来なくても、このような場合には決算時の消費税の確定申告で還付されるとアドバイスをもらいました。
この一連の流れを税理士の方に相談しました。
すると税理士さんは、仕入価格に対して掛かるのが消費税。過剰に支払った分は仮払消費税にはならないとのこと。
このような場合、どちらが正しいと思いますか?

答えは、通関業者が正しいです。
というのは、消費税の申告をする時には、その価額の5%の消費税を控除するのですがこれは国内で仕入れたものについて対象となります。しかし、輸入品についてはその価額に関係無く輸入品(課税貨物)に実際に課された消費税を控除することになっているからだそうです。

貿易には、国内事業とは異なる専門知識が必要となります。
その為、更正手続きをする時には詳しい税理士さんに相談した方が良さそうですよね。