カテゴリー

リンク

メタ情報

Archive for '請求'

更正の請求と扶養控除

請求について調べています。
今回は請求に関することで、ある事件があったためご紹介します。
この間、児童手当の申請に行ったところ扶養者が存在しないことになっていたのです。
私と子供の2人が扶養者になっていなければいけないはずなのに・・・。
調べてもらったら、確定申告の際に扶養控除の申請漏れが発覚しました。
更正の請求でなんとか修正してもらえるとはおもうのですが・・・・。
いくらか還付金があるとは思うのですが、税務署の対応は結構遅いため銀行口座に振り込まれるまで数ヶ月かかるそうです。
思わぬところで節税となってしまったわけですが・・・。
来年からは、ちゃんとした節税方法で確定申告をしなければいけないなぁ~って思いました。

更正請求の後は

更正の請求について、いろいろ調べてきましたがだんだん頭の中が???になってきているので、チョット休憩することに・・・。
しかし、税金や税務調査など税務署に関することは調べれば調べるほど、次々と『何で?』って思うことばかりで興味が出てきている私。
使う言葉は少し難しいのですが・・・。
それでも頑張って勉強していこうと思います( ..)φメモメモ
今までは更正の請求で、自分から税務署に向けて働きかける内容を調査済みですが、今度からは更正の決定を調べていこうと思います。
更正の決定って、税務署長が有無を言わさず税金の金額を決めてしまうことですよね・・・?

更正請求と還付加算金

更正の決定後、税務署から減額更正を受ける場合に、多く支払い済みの税額分はどのように返してもらえるか調べてみます。
税金の納付が終了している場合は、多く支払い済みの税金は還付加算金(納税猶予の請求日より3ヶ月経過した日か更正処分の日より1ヶ月経過した日のいずれか早い日、嘆願の場合は更正処分の日より1ヶ月経過した日を起算日として支払決定日までの期間に応じて7.3%の割合で計算した利息相当額)とともに指定した金融機関の口座に全額振り込まれるそうです。
又、延納を選択している場合には、過大な利子税分が還付されるなど、残っている金額に応じて分納税額や利子税の金額が変更されることとなります。
これは、源泉所得税も同じです。

更正請求と仮装経理

今回はチョット難しくなりますが、更正請求と仮装経理の関係について調べてみます!
仮装経理って聞くとなんだか犯罪っぽいニオイがしますよね・・・?
仮装経理をしている経理担当者にとってはイタイところを突っつくかもしれませんね・・・^m^
◆仮装経理とは
単なる事実の認識間違いや計算違いではなく、外部との取引や決算書に計上した資産や負債を真実と異なる処理をして意図的に真実と装って経理することを仮想経理といい、一般的に粉飾決済のことを言う。
●架空の売上の計上
●仕入の計上を除外する
●期末棚卸を多く計上する
●費用の計上を除外する
◆更正の特例
仮装経理に基づいて多く申告がされた場合に更正の請求を行う場合は、後々の事業年度の確定した決算で仮装経理に当たる部分の修正をして、その修正した決算に基づいて確定申告書を提出する必要がある。
多く申告する行為そのものが申告納税制度では予定していない違法な処理であるため、今後の仮想経理を防止する目的として更正をするために厳格な方法で、今までの経理を修正済みという事実を明確に表示することを義務付けとなる。 還付についても通常の場合よりも不利に扱われる。

更正請求<法人税>

更正の請求について調べていますが、今回は更正の請求と法人税の関係についてしらみようと思います。
法人税法には特例があり、その内容は修正申告(更正・決定)に伴って、その後の事業の年度においてどれかに該当する場合は通知を受けている日から2ヵ月以内に限って更正の請求をすることができる。
①法人税の金額が多くなる場合
②欠損金額や還付される金額が少なくなる場合
(例)
第1期目の所得の金額が増加

第2期目で損金算入する事業税が大きくなってしまい、第2期の法人税額が少なくなる

更正の請求をする

更正請求について

更正の請求っていつできるのでしょうか?
そもそも、所得税の確定申告を提出後から、記入済みの所得の金額や税金を多く記入してしまったときや、還付を受けた税金が少ないときになど請求することができるというのは分かりました・・・。
それに、申告期限から1年以内じゃないと請求することができないということも理解できました。いつできるか?っていうのがいまいち理解に苦しむのです。
会社員の人などの給与所得者を確定申告をする人は少ないと思いますが、もし確定申告を忘れていた場合はどのような手続きがあるのかや何年前まで申告してもいいか分かります?
5年間前までさかのぼって申告することができるそうですが、この場合は更正の請求ではなくて「還付申告」というそうです。

更正請求とは

先日、税務署から更正の通知が届き 『更正の請求』というものらしいのですが、『税』に関してあまり詳しくないので、ちょっと調べてみようと思います。
*更正請求
更正請求とは、納税する額を多く申告してしまった場合に、その額を修正する為に行う手続きのことを更正の請求といい、確定申告をした場合は、申告期限から1年以内に請求することができるということが原則として決められている。
確定申告をしていない場合でも、5年間さかのぼって請求することができます。
*確定申告でまちがって税額を少なく申告してしまった場合は、修正する為に申告することを「修正申告」といい、税務調査により税務署長が間違いを正すことを「更正」といい、確定申告自体を行わない場合は税務署長が税額を決めることを「決定」と呼ぶ。